2012年08月31日

インターンシップ 最終日

 今日はインターンシップ最終日でした。
 
 インターンシップ最終日は今までに議論してきた企画をスタッフの皆さんの前で発表する、というものでした。
私たちが「完璧だ」と思って完成させた企画も、スタッフの皆さんからしたら穴だらけだったようです。
ですが、最後にはスタッフの皆さんと一緒になって考え議論させていただき、とてもためになる話し合いとなりました。

 今回のインターンシップの主な活動は、企画し議論する事でしたが、答えがあるかもわからないものを考える、と言う事はとても難しいことであり、なかなか疲れるものでした。しかし、今までに企画をした事はほとんど経験がなく、議論することの難しさを知りました。企画には、本当にその企画が必要なのか、そう思わせる背景と根拠が重要だという事を、身をもって体験しました。最初は企画案だけで良いのではないかとも思いましたが、インターンシップを終えて、企画において背景と根拠の大切さを知る事が出来ました。これからの大学生活でも、将来、職についた時もおそらく企画をすることはあります。このインターンシップでの経験は将来、必ず役に立つものだと思います。

 最後に、この「環境の杜こうち」さんにインターンシップを受け入れてもらい、10日間実習を受けさせてもらえて、本当に良かったと思います。貴重でためになる経験となりました。環境の杜こうちさん、ありがとうございました。
posted by 環境の杜こうち事務局 at 18:14| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

インターンシップ9日目

今日はインターンシップ9日目でした。
午前中は「こども会員制度」発表に向けたプレゼン用のスライドを作成しました。
これまでの8日間で環境教育の難しさというものを身をもって体験し、こども会員制度で、こども達にどうなってほしいのか、そのためには何が必要なのかについてずっと考えてきました。
今日は3人で話し合う中でその答えというものを導き出すべく、時間をかけて議論しました。
午後からはスタッフさんも交えて足りない部分、行きづまっている部分へのアドバイスをいただき、納得いくものを完成させることが出来ました。
明日で、展示物であるナニコレ博物館が最後になってしまうのですが、今日は33人ものお客さんが来てくれました!
こども達は普段使う事のない顕微鏡や、見る事の出来ない虫や微生物に大興奮でした。
こども達の興味だけでなく、保護者の方々も一緒に楽しんでいる様子でとても良かったです。
明日はインターンシップも最後の日です。
長かったような短かったような・・・
明日はこれまでの集大成を発表して、インターンシップを締めくくりたいと思います!

2012.08.30
高知工科大学 川島友李亜
posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:32| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

インターンシップ8日目

今日はインターンシップ8日目でした。
午前中は、テーマである「こども会員制度」の背景について考え直しました。
スタッフの方の意見にあった、なぜ子ども達に環境教育をしなければいけないのか、その背景について意見を出し合い、まとめていきました。環境問題についての世界の歴史的背景や日本の歴史的背景を調べ、知ることで、環境教育の大切さを知ることができました。

午後からは、小学生に行ったヒアリング調査をもとに結果をまとめていくという作業をしました。
そして、スタッフの方のアドバイスも受け、もう一度考え直し議論しました。

さらに今日は、21日にナニコレ博物館の展示案内をした女の子がもう一度来てくれ、21日に撮って頂いた写真まで渡しに来てくれ、とても嬉しく思いました。今回のインターンシップのテーマである「こども会員制度」も小学生が楽しく参加でき、何度も来てもらえるような制度になればいいなと思います。

写真3.jpg


明日からのインターンシップも頑張ります!

posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:49| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

インターンシップ 6,7日目

 インターンシップ6,7日目はワークショップの補助をしました。

 ワークショップの内容は、こども達と実際に外へ出てコケを採集し、そのコケに住んでいる微生物を顕微鏡で観察した後、
コケ玉を作る、というものです。

 コケを意識しながら外に出てみると、意外とコケが生えているところは多く、色々な所にコケはおり、
少し視線を変えるだけで、いつも見慣れている風景は変わるものでした。
 
 コケを顕微鏡で観察する際、クマムシを見つける事を一つの目標としたのですが、ある子どもがクマムシを発見し、みんなに見せている時、
子どもはうれしそうに、それでいて誇らしげで、その後も、熱心に顕微鏡をのぞきこんでいました。また、他の子どもたちは、負けじと一生懸命、微生物を探していました。
 コケダマ作りも楽しそうに作っていて、一人で何個も作っている子どももいました。

 上で述べた顕微鏡での出来事のように、子ども達に楽しい、誇らしい、と思わせる事が興味を持つことに繋がるのだと、身をもって体験しました。
 今回の様な、子どもたちにとって楽しく、飽きさせず、それでいて環境の勉強にもなる教育は、今回のインターンシップで私たちが議論し導き出した理想の環境教育の形です。この様な授業はとても難しいことだと知っていましたが、今回のワークショップで不可能ではない、と言う事が分かり、良かったです。良い経験が出来ました。
posted by 環境の杜こうち事務局 at 15:41| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

インターンシップ5日目!

高知工科大学マネジメント学部3年川島友李亜です!

今日はインターンシップ5日目でした。

午前中は伊野南小学校児童クラブの子供達にヒアリングを行いにいきました。
子供達の放課後、休日の過ごし方についてと環境に対する意識調査が目的でした。
話を聞いてみると今の子供達は習い事や勉強で忙しく、外で遊ぶ時間がなかなかないということ、環境について学ぶ授業も低学年からあるということ、高知の自然に対しても愛着を持っていることなどが分かりました。

ヒアリングのあと子供達と一緒にマジックを見させていただきました。

プロのマジックに子供達は大興奮の様子で、私たちも思わず一緒に見入ってしまいました。

午後はヒアリング結果を踏まえてどのような「こども会員制度」にするのか話し合いました。
途中、別のインターンシップで来ていた工科大学の環境理工学群の学生も交えて環境教育について意見交換し、制度の大枠について決めました。

また明日のワークショップに向け、苔玉を作る練習をしました!
意外と難しかったですが、楽しく作れました!
作る人によって十人十色の苔玉ができるので世界に一つだけの自分の苔玉ができました。
明日は苔玉作りのワークショップがあります!

学校の先生や、子供達の接点を通じてよりよい制度にすべく練っていきたいと思います。

 

8.24 川島友李亜

 
posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:38| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

インターンシップ4日目

今日はインターンシップ4日目でした。
午前中はテーマである、えこらぼ「こども会員制度」について、スタッフの方と議論しました。
自分たち学生だけの意見ではなく、スタッフの方の意見も聞く事で様々な視点から物事を考えていくことの大切さを知りました。
厳しい意見もあり、自分達の意見のあまさを痛感しました。

午後からは、インターネットを利用し、各自で「こども会員制度」の制度について、どのようにすればいいのか調べました。

・こどもを会員とする先行事例はどんな仕組みをつくっているのか
・今のこどもの環境に対する意識
・こどもが参加できるイベントにはどのようなものがあるのか

など、各自で調べお互いに意見を出し合いました。
この結果をもとに「こども会員制度」の制度をどのようにするのか考えました。

明日は、「こども会員制度」が目指す姿を達成するための制度内容を検討し、伊野南小学校に行き、環境活動に対するこども達の意見も聞きたいと思います。

明日からのインターンシップも頑張ります!
posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:40| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

インターンシップ 三日目

今日はインターンシップ三日目です。
午前中は昨日の打ち合わせの内容を含めて、「子ども会員制度」が目指す案について意見を出し合いました。

午後は、イベントで作るコケ玉用のコケを採集しに行きました。
車の中から、コケの生えている場所を熱心に探したり、必死になってコケを採取したりと、
おそらくほとんどの人が経験しないであろう体験を出来ました。最後の方には、
きれいにコケを採取出来ると喜んでいる自分がいて、少し恥ずかしかったですが、
とても面白かったです。この喜びを誰かに味わってもらいたい。

この喜びを味わいたい人は、今週土日で行われるイベントに参加してみて下さい。
posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:48| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

インターンシップ2日目!

今夏えこらぼさんにインターンシップでお世話になっています高知工科大学マネジメント学部3年の川島友李亜です。
今日はインターンシップ2日目でした。
午前中は今回のインターンシップのテーマでもあるえこらぼ「こども会員制度」の仕組みを考えるに当たりエコ活動に関する現状の問題点とこどもたちに将来どうなってほしいかについて議論を重ねました。
現状の制度とこどもたちの意識についてそれぞれが意見を紙に書き出していきました。
写真.JPG2.JPG

明日はえこらぼのスタッフさんも交え「こども会員制度」が目指す姿を明確にしていきたいと思います。

午後からは中土佐町久礼にある久礼小学校児童クラブのこども達と一緒にマイ箸を作る作業をお手伝いしました。
写真.JPG

私たち自身こどもたちに環境教育をすることの難しさについて午前中議論をしていたので現場を知る良い機会となりました。
間伐材をカッターで削り、お箸を作る作業の中でこどもたちの「ひのきのいい香りがするー!」といった声や「楽しい!」といった声が聞こえ、楽しく自然について学習出来ているようでした。

しかし、一方で低学年のこどもたちを中心に後半集中力の途切れが見られ、環境教育の課題も発見できました。
こども達からの元気をもらい、明日からのインターンシップもより一層頑張れそうです^^

8.21 川島友李亜

posted by 環境の杜こうち事務局 at 17:26| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境活動見本市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

補助金・助成金の導入事例紹介「私たちの外部資金獲得術」

環境活動団体や活動家の皆さんを後押しするため、具体的な事例にもとづく外部資金の獲得術をえこらぼのホームページで公開しています。ぜひご覧ください。

http://ecolabo-kochi.jp/modules/tinyd4/index.php?id=2
posted by エー子 at 17:14| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知県CO2削減ポテンシャル診断事業

高知県CO2削減ポテンシャル診断(全体研修・個別相談・個別診断)参加事業所を募集します。

高知県は、平成24年度環境省 自治体CO2削減ポテンシャル診断支援事業に参加することとなりました。

事業は、県内の事業者(年間排出量6,000t-CO2/年未満※1)に対して全体研修・個別相談会・個別訪問診断等(無料・要事前申込)を行うもので、今回、この事業に参加していただく事業所を募集しています。

※1 原油換算で2,290kl/年、光熱費で137.4百万円未満。

▼詳細は高知県ホームページを参照ください。

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030901/co2-potential.html
posted by エー子 at 17:12| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。