2013年09月03日

鏡川自然塾 8/24 両生類・爬虫類フィールド実習

2013年8月24日(土曜日)午前9時より、鏡川中流域の鏡ダム土佐鏡湖公園および城ノ平周辺で、両生爬虫類について観察会を行いました。

鏡ダム周辺地図.jpg

ここ一ヶ月あまり、まとまった雨が降っておらず「少雨高温」な土佐の夏。高知市の水瓶・鏡ダムの貯水率も30%台にまで低下していました。観察会当日は久しぶりの雨天となり、彼ら両生爬虫類にとっても恵みの雨となったことでしょう。

DSC_0072.jpg

まずは鏡ダム土佐鏡湖公園。石垣や道路沿い、芝生や草むらなどを丹念に探しました。
参加者Kさんは、大きなニホンヒキガエル(♀)とツチガエル、ニホンカナヘビの幼体を発見。
その他、アオダイショウやコオロギ類をたくさん確認できました。彼ら両生爬虫類は、このコオロギ類・ご馳走がお目当て!まず小さなツチガエルやニホンカナヘビ幼体が、コオロギを食べ、丸々太ったこれらをアオダイショウがパクりと捕食!さすがに大きなニホンヒキガエルは標的にされにくく、のんびりコオロギを食事できるようです♪
この場所では、このような食物連鎖が成り立っていることが想像できました。

次に、城ノ平地区へ車移動。ここでは川岸におりて、観察会を行いました。

DSC_1349.jpg

浅瀬では、ツチガエル、ナマズ幼魚、アカザ、ヨシノボリ類、サワガニなどを確認。
また川虫・水生昆虫が多数確認できました。
もしかしてだけど、この場所は近くに大きな球場(ナイター設備)があり、夜間そのライトの光にカゲロウ類が多く集まってくるのではないかと思われました。

DSC_1353.jpg

[両生類・爬虫類 講師] 渡部 孝、吉川貴臣 (わんぱーくこうちアニマルランド)

次回は9月8日(日曜日)。高知市久礼野地区で、貝類、水生昆虫との合同調査観察会を予定しています。

★鏡川自然塾 塾生募集★
鏡川流域の自然に関心がある方ならどなたでも参加できます。
塾生は随時募集中。お好きな講座を選んで参加して下さい。
詳しくはこちら → 
http://ecolabo.seesaa.net/article/369586383.html

[鏡川自然塾に関するお問合せ先]
NPO法人 環境の杜こうち  (担当:上田)
〒780-0935 高知市旭町三丁目115番地 こうち男女共同参画センター3階
(環境活動支援センターえこらぼ)
TEL:088-802-2201  FAX:088-802-2205
E-mail:kagamigawa@ecolabo-kochi.jp
posted by 環境の杜こうち事務局 at 10:16| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鏡川自然塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373788774
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。