2010年11月27日

11月21日 まなびピア高知でエコテント

11月21日(日)は、「全国生涯学習フォーラム高知大会“まなびピア高知2010” 環境フォーラム」に参加しました。

午前中は、「海辺の環境日曜市“エコマルシェ”」に出展。
えこらぼの他にも、たくさんの団体や高校生らのテントがならび、環境学習体験をやったり、
「海辺の日曜市」の店舗のみなさんが、エコでおいしい食べ物を売ったりしていました。

s 画像 004.jpg

“なべちゃん”こと渡辺幸男さんのコーナーは、子どもたちがいっぱい!
うぐいす笛の音色に引かれて集まってきたようです。
私も草笛の吹き方を習いました。思いっきり大きな音を出して気持ちよかった。

↓ こちらは、四万十高校と高知工業高校の「若者ECO応援隊」のブース。
マイ箸づくりの体験コーナーをしていたのですが・・・

s 画像 001.jpg

惜しいっ!(笑)

えこらぼが提供した体験メニューは、えこらぼの兼松講師による「ビーチクリーンアップ」と、
四万十ネイチャーゲームの会の弘畑先生による「ネイチャーゲーム体験」です。

s 画像 007.jpg

開会して間もなく、南の方から真っ黒い雨雲が立ち込めてきて、小雨のパラつくあいにくの空模様に。
ビーチへ出ることはできませんでしたが、代わりにいろんな資料や、
これまでに実際に拾って集めた漂着物を展示して、来場者に学んでもらいました。

ネイチャーゲーム組は、雨にも負けず、近くの松林に出発〜。

s 画像 012.jpg

地元の子どもたちと、フォーラムに参加した高校生と大学生に大人も混じって、
「宝探し」や、目をつむって耳を澄まし、聞こえてくる音の地図を描く「サウンドマップ」などの
ネイチャーゲームをしました。
一番盛り上がったのは「私は誰でしょう?」というゲーム。
背中に生きものの絵をくっつけて、自分が何の動物か相手に質問をして当てるのですが、
これが難しい!相手の表情や声のトーンまで真剣に読み取ろうとして、みんなハマってました。
何か特別な道具がなくてもこんなにハマれる遊びをいっぱい知ってたらいいなー。

午後は屋内に移って、『環境フォーラム』。

s 画像 018.jpg

デザイナーの梅原 真さんのお話を興味深く聞き、その後のシンポジウムでは、
今後の高知の環境教育の考え方や方向性を示す、『高知自然学校構想』について考えました。
いろんな意見を聞いた中で、私は神田さんのおっしゃった
「一次産業をやっている人はエライ!カッコいい!と、子どもたちに教えられることが大事」
ということに共感。
そして、子どもがそう思うには、まず私たち大人が、一次産業を大切にし、尊敬する気持ちを持たなきゃね!

てなわけで、帰りは「あぐり窪川」で手づくり味噌を買い、「ゆういんぐ四万十」で仁井田米のおにぎりと
ソフトクリームを食べて、地産地消グルメを堪能してきたのでした(豚まんは売り切れでした)。
posted by エー子 at 18:26| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。