2015年04月24日

鏡川自然塾の活動成果をまとめた報告書を発行しました。

2011年から取り組んできた鏡川自然塾。活動のキーワードは、「ネットワーク」と「市民参加」でした。
「ネットワーク」は、大学・研究機関、動・植物園、NPO、市民がネットワークを形成して塾を運営することで、
環境の杜こうちはその事務局を担ってきました。
「市民参加」は市民が参加して鏡川流域の自然を調べ、記録を残す活動を展開することで、野生動植物に
関する10の部門に多くの参加を得ることができました。

この度、活動の成果を鏡川自然塾報告(Reports from the Kagami River Nature Scholl)として発行しました。

下記リンクからPDF版がダウンロードできますので、ご自由にご覧ください。

鏡川流域の自然を対象にした塾の活動は今後とも継続していきたいと考えております。
今後の活動についてはまたブログ、HP等でご案内します。
posted by エー子 at 10:17| 高知 ☁| 鏡川自然塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。